【おすすめ本】『海賊とよばれた男』

ども!雨が多いこの頃ですが、少し暑さも和らぎ、過ごしやすいですね(^^)

雨の日は時間を忘れて、ゆっくり読書が、最高です(´∀`)

スポンサーリンク

日本男児の生き様をみよ!『海賊とよばれた男』

さ!今日はもう紹介するまでもないかな?

と言いつつ、最近やっと読んだんですよね〜(^_^;)

2013年本屋大賞受賞のベストセラー、百田尚樹さんの『海賊とよばれた男』です。

いや〜「人が人の心を動かす」というのはこういうことだなぁ〜と劇的に、またしみじみと感じさせてくれる読みごたえのある一書でした。

話の展開も速いので、一気に読めちゃいますよ(^^)v

【こんな方にオススメ】『海賊とよばれた男』

ネタバレはしたくないのですが、何と言っても見どころは国岡鐵三(くにおか てつぞう)始め「国岡商店」の男たち、そして鐵三を認める人たちの生き様です。

「日本人として」、「国岡商店の社員として」との誇りを胸に「人間尊重の精神」を貫いた鐵三。

清き武士道の心を失わず、戦争、敗戦を乗り越え、そして復興を勝ち得てきた『日本人』はやはりスゴい(^-^;

『日本人』としてもっと誇りを持って生きていくべきと感じさせてくれます。

こんな方におすすめ
  • 他人を信用できない
  • 仕事に情熱を持てない
  • ぶれない自分になりたい
  • 命をかけて何かに挑戦したい
  • 人の心を動かす人生を歩みたい
  • とにかく人生デカイことを成し遂げたい

relic
relic

ともかく情熱、気概のあふれる「国岡鐵三」という人間の魅力がハンパない!

信念と知恵と徹底した努力、そして耐え忍び、諦めない底力で強者を打ち負かしていく痛快さも見どころです。

【映画もあります】『海賊とよばれた男』

本屋大賞の作品はほぼ映画化されますよね!

読書は重たいって方は映像から是非(^^)v

【マンガもあります】『海賊とよばれた男』

最近は『マンガ化』も結構ありますよね〜。

マンガは日本人はやっぱ入りやすいし、原作が面白ければ、間違いなし!

【まとめ】”人としての生き様”を感じる

人として、誇りを持って生きることを求め、自身の生き様を通してそれを語った「国岡鐵三」。

心が洗われ、生命の内なる炎を灯してくれる激しく熱い一書でした。

⬇︎あ、あと「国岡鐵三」は実在した”ある方”をモデルとされてます。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

https://ja.wikipedia.org/wiki/海賊とよばれた男

人として、男として、正しく、強く、純粋に人生を歩んでいきたいものですね。

良書との出会いに感謝。

ではまた〜(^^)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました