【壮大な世界観、スケールに感動】小林愛実さん〜ピアノリサイタル鑑賞

小林愛実さんピアノリサイタル鑑賞してきました!

今年も娘と妻に便乗し、ピアノ鑑賞(^. ^)

年に数回の自分へのご褒美( ´∀`)実は家族で一番テンション上がってるかもです。

今回は、小林愛実さんのピアノリサイタル。

昨年(2021)、ショパン国際ピアノコンクールで第4位入賞され、

同じく2位に入賞された反田恭平さんと共に、快挙のニュースが話題となりましたよね。

小林愛実(こばやし あいみ)さんてどんな人?

公式サイト

Aimi Kobayashi - 小林 愛実 - KAJIMOTO
小林愛実のアーティストページ
relic
relic

あまり会場で表情は読み取れなかったのですが、

素敵な笑顔が印象的な方ですね(^-^)

音の響きに癒される

今回、演奏いただいた曲はこちら。

【シューマン作曲】:『アラベスク』

【シューベルト作曲】:『ピアノ・ソナタ第19番』

【ショパン作曲】:『24の前奏曲』

いつもながら音楽経験なしの素人感覚ですが、

音の響きがとても綺麗で、ひとつひとつの音を大事に奏でられている印象。

また会場にいる誰よりも自身の奏でる音の響きに耳を傾け、聴かれているように感じました。

ピアノ、演奏、観客に向けられた想いのひたむきさ、純粋さといった人間性も演奏から伝わってきましたね〜(´-`)

relic
relic

真摯に演奏に向き合われている姿勢がとても印象的でした。

その道の一流の方は、人間的にもとても魅力がありますよね。

カッコいい(^^)

壮大な世界観、物語のような演奏

世界レベルのテクニック、厳かさを感じさせる演奏。

何もかもが「すごい!」としか言えないような心震える圧倒感。

その中でも私が一番感じたのは、壮大な世界観、スケールの大きさです。

心情、人生、社会、歴史が描く景色…。

ピアノという楽器でこれだけのものが表現できるんだ!という感動。

1曲の演奏で、物語をひとつ読み終えたような喜び、充足感。

ピアノの魅力、奥深さをあらためて感じさせてくれる演奏でした。

relic
relic

個人的にはやはりショパンの曲が良かったです!

心を鷲掴みにされるとは、こういう感じなんでしょうね。

小林愛実さん、今後も応援していきたい(^ ^)

昨年あたりから1年に数回あるかのピアノ鑑賞経験ですが、

今回もとても素晴らしい時間を過ごすことができ、また好きな演奏者さんが増えました。

小林さんの素敵な演奏の贈り物、ご縁に感謝感謝ですね。ではまた〜v(^^)

LIFE(雑記)
フォローめっちゃ嬉しいです (^^)
Issai (いっさい)ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました