”でたらめ”な話

スポンサーリンク

”出鱈目(でたらめ)”???

ども!最近ブログはクラシックを聴きながら作業しています。

元々クラシック聴く人間ではなかったのですが、落ち着けるし、集中できるので良いですよ(^^)v

”でたらめ”⇨漢字で”出鱈目”って書くんですって!

先日、本を読んでたら”出鱈目(でたらめ)”って文字が目に飛び込んできました。

文脈から「根拠がない」、「筋が通らない」、「いいかげんな」といった皆さんご存知の意味の”でたらめ”です。

へぇ〜。こんな漢字書くんだ。

魚のタラ?

「鱈」は魚の「タラ」だよね?語源はタラの目?

タラの目ってそんな特徴のある目だったっけ?

⬇︎子どもの図鑑見てみました。(出典:ニューワイド学研の図鑑「魚」)

ちなみに魚へんに「雪」は北海道の冬の季節のスケトウダラをイメージしたらしっくり来ますね。

皆さんご存知の”たらこ”も一般的にはこのスケトウダラの卵です。

脱線しましたが、タラの目は普通の目…特徴なさそうだけど…(−_−;)

サイコロ?

あと「出」、「目」の漢字からはイメージされるのは「サイコロ」。

relic
relic

「サイコロの目が揃わない(当てにならない)」から来た言葉と考えると繋がる気はしますね。

イカサマされたり、勝負に負けて「こんなの”でたらめ”だ!」なんてシーンは正にしっくりはまります。

じゃあやっぱり「サイコロ」と「鱈」の関係は何?ってなりますよね。

どこかのタラ好きの殿様か商人が、賭博で負けた話?

それとも鱈漁師の間での賭博から生まれたとか??

”出鱈目”は当て字?

「鱈」の一字が納得いかない。

しっくりしないまま調べるのは釈ですが、考察も限界(^_^;)

⦅結論⦆”出鱈目”の漢字は「当て字」

当て字か〜い!!!

うーん…できればちゃんとした意味があって欲しかった(・_・;

いや!わかってないだけで実はあると信じたい!

 

⬇︎こちらの記事がわかりやすかったです。

”でたらめ”の語源は”出たら出たその目”

結局、サイコロの考察が語源としては合っていたことになりますね。

”でたらめ” = ”(サイコロが)出たら出たその目”

 ⇨「根拠がない」「いいかげんな」

でも、よりによって”魚へん”の漢字を当てるなんて( ̄^ ̄)

絶対に『何か意味やエピソードが込められている』って思ってしまいますよね?

まんまと”でたらめ”な漢字に騙されました^^;

いつの日か「”鱈”には実はこんな意味が込められていた!」と分かることを信じて…

ではまた〜(^^)v

LIFE(雑記)
スポンサーリンク
フォローめっちゃ嬉しいです (^^)
Issai ブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました